どのような仕事?

パソコン明細書作成後、企業知財部のチェックを経て、特許庁に特許出願します。しかし、何らかの拒絶理由がそこには含まれていて、そのまま問題ないまま特許の査定される可能性はまずないです。特許事務所は、ここで、知財部、発明者と相談しながら、出願が特許査定を受けることが出来るように「補正」を行っていかなければなりません。補正書を書くというのも特許事務所の仕事のひとつです。更には拒絶理由に対して反論をして、特許に充分見合うということをアピールするために、「意見書」を作成する場合もあります。

特許事務所で仕事をするメリットって一体何処にあるのでしょうか。最先端の技術と言うものは、全部ここに集約されるのかもしれません。そのような場所で、最先端の技術に触れることが出来るというは、大きな魅力のひとつです。私達の知的な好奇心を、特許事務という仕事が満たしてくれます。

実際に特許事務所以前に、特許というものの意味が判らないと言う人たちが多いのではないでしょうか。「発明」が特許によって保護されることになります。特許によって、発明を奨励して、産業の発達に寄与する必要があります。つまり特許の要件は産業の発達に寄与する発明である必要があります。