特許事務所の仕事

特許事務所とは非常に良く聞く言葉です。当たり前にその言葉を使用してしまっているかもしれませんが、本当の意味を理解しているでしょうか。

一般事務や営業事務や受付事務をしたことがあるという人たちに実際に特許事務がメジャーということではありません。知的財産関係の仕事につく時には、関わって来たりしますが、何をすればいいかということが全然判らなかったりします。知的財産関係の仕事は、単に知的に仕事として捉えればいいということではありません。つい知的という響きを魅力的に感じてしまう人たちもいるかもしれませんが。

一般企業へと勤務する場合、自社製品が第三者の知的財産を侵害してないかを調査したり、自社の知的財産がライバル社に侵害されてないかを調査する仕事であったり、更に他社との特許のライセンス交渉を行う仕事など幅広い業務を行って行きます。

海外における知的財産の管理も現在は企業の大事なポイントとなって来ています。特許の事務所という場合では、企業の知財部や発明者の方とコミュニケーションを取りながらの権利化業務、期限管理や鑑定、特許翻訳業務、知財コンサルティングの業務などを行って行くことになります。企業の知財部や発明者の人たちとコミュニケーションを取り、どの部分を権利として主張していくかということを決定して行きます。

願書、明細書、特許請求の範囲、図面、要約書など書面と関わっていきます。明細書作成後、企業の知財部の最終チェックを経、特許庁に特許出願します。もう少し深く追求しましょう。